カテゴリ:姫ちゃん物語( 2 )

姫ちゃんの思い出★ ついに手術 #4

c0341757_23520404.jpg

お目目くりくりの美猫さんだった姫ちゃん、会いたいよー!!

あの悲しい出来事から、4ヶ月が経とうとしています。

今頃姫ちゃんはお空から

イチゴちゃんと大和くんの仲良しぶりを

微笑みながら見てくれているかな?



思い出すと、かなり辛いですが・・・
今日は前回の続きで、姫ちゃんの手術当日の様子を
綴っていこうと思います。

冬になると、気分が沈んでもっと書くのに勇気が必要なので
陽射しを感じる秋晴れの今日書いておきます。

いつの日かどなたかのお役に立てるかもしれませんから。


2018年5月8日(火)午後

術前は腹腔鏡手術を予定していましたが、あまり状態がよくなかったので

急遽開腹手術に変更されました。

予定時間を大幅に超え、大手術となったそうです。

二つある腎臓の片方は完全に機能していないので摘出し

もう片方のかろうじて機能していた腎臓に溜まった結石を除去しました。

ただ、残念なことに思っていた以上に尿管に問題があり

バイパス手術も同時行われたそうです。

結果的に手術は成功。

あとは術後、結石を除去した一つだけ残った腎臓が

うまく機能するかに懸かっていました。

c0341757_22075118.jpg

こんなに元気に遊んでいた姫ちゃんが今ではとても懐かしいです!

翌2018年5月9日(水)午後3時

術後初めて姫ちゃんと対面です。

覚悟はしていましたが、姫ちゃんの痛々しい姿を目にしたら

涙が止めどなく溢れて・・・

代われるものなら、本当に代わってあげたいと何度も思いました。

お医者さまが姫ちゃんを触ってもいいと許可を出してくださったので

頭をなでなでしながら、『姫ちゃん!!!』と声を掛けると

元気に『にゃーーーー☆』と返事をしてくれました。

この瞬間がどれほど嬉しかったことか。

術後24時間ほどなので、まだ目もはっきり見えてはおらず

右手には点滴、傷口を舐めたり触ったりしないように

体には赤い服を着せられ、排尿の管に繋がれて

この小さな体で本当に大きな手術を乗り越えたんだなと

つくづく思い知らされました。

この時点では容態は安定。

食事は夜寝静まってから、少し摂っていると聞きました。

姫ちゃんとの面会時間はわずか10分ほど。

疲れさせてはいけないので、翌日の面会を予約して

泣く泣く帰路に着きました。



ここまで書くにも思い出しては涙が流れてきて・・・
また姫ちゃんに会いたくなってきました。

続きはまた次回




やっぱりネコはかわいい162.png

↓懐かしい姫ちゃんを
ぽちっとしていただけると、嬉しいです!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

いつもありがとうございます☆

[PR]
by liebekatzen | 2018-09-10 02:22 | 姫ちゃん物語 | Comments(28)

姫ちゃんが生きた証★

c0341757_22414842.jpg
お目目くりくり、ふっくら丸い姫ちゃんにそっくりのスズメさんに出会ったので
すぐにおうちに連れて帰りました。


先日は姫ちゃんの件で


みなさんに多くの励ましを頂き、本当にありがとうございました。

これからは姫ちゃんの死が無駄にならないように

少しずつ闘病記らしいものを書き残そうと考えています。

姫ちゃんと同じような病気と闘っている方の

お役に立てたらいいな・・・という気持ちからと

私自信の心のリハビリを兼ねて。

上の1枚目の写真は姫ちゃんの保険証です。

姫ちゃんは2004年3月に生まれました。

我が家に来る前に2度の引越し(オーナー変更)がありました。

なので、名前が『Pinggi』→『Minga』そして最後は『姫』に。

私たちは結婚後、ネコちゃんを飼おうと決めていたので

生活が落ち着いたある日、シェルターを訪問し

私は姫ちゃんに一目惚れ♪

主人は姫ちゃんのお兄さん将軍に一目惚れ♪

c0341757_01283748.jpg

2006年春にめでたくふたりを我が家にお迎えできました。

待ちに待った楽しい生活のスタートです。

また次回に続きます。



やっぱりネコはかわいい162.png

↓ぽちっとしていただけると、嬉しいです!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

[PR]
by liebekatzen | 2018-05-16 02:22 | 姫ちゃん物語 | Comments(46)