姫ちゃんの思い出★ 最後のお別れ ♯5

c0341757_01083545.jpg


今日は姫ちゃんの月命日・・・

あれから半年が過ぎ去ってしまいました。

心を静めてゆっくりと姫ちゃんの最後のときを綴っていこうと思います。

2018年5月9日午後3時

術後の姫ちゃんとわずか10分の対面を終えて

帰路につきました。



自宅に戻った私たちは不安を抱えながらも

いつもの日常を取り戻すように振舞っていたと思います。

が、しかし

午後9時頃病院から自宅に電話があり

もうこの時点で(病院からの電話=容態がよくない)

覚悟を決めなければなりません。

急いで病院へと駆けつけましたが

午後10時半頃、私たちの最愛の姫ちゃんとは最後のお別れとなりました。


c0341757_01033963.jpg


春から夏にかけてテラスで過ごすのが大好きだった姫ちゃん♪

確かに手術は成功したものの、摘出してしまった一つの腎臓は

お医者様にもわからず、検査結果にも現れずで

実際には極々わずかに機能していたらしいのです。

それがわかったのは残ったもう片方の腎臓が手術が成功したにもかかわらず

機能せず、全く排泄できず、体中に水が溜まってしまったから。


c0341757_01514283.jpg


おちょぼ口がとってもチャーミングだったよね~

つまり姫ちゃんは5歳のときに慢性腎不全が発覚し

その後お薬で14歳まで生き延びましたが、最後は急性腎不全という形で

この世を去りました。


c0341757_01294862.jpg


キジトラコンビの大和くんとの2ショットももう見ることができません。

後日掛かり付け医から聞いた話では


寿命はあと2週間ほどだったということです。

でも、私たちはその当時最善の方法を選択したと思っているので

悲しい結果にはなりましたが、後悔はしていません。

この世にはお医者様でもどうにもできないことがあるのです。

誰かを攻めるつもりは全くありません。


c0341757_00184605.jpg


姫ちゃんがお世話になった病院と火葬場からお悔やみが・・・

手術をして頂いた病院は一般的に最後の砦となる緊急病院なので

(通常なら、手術をして元気に自宅へと戻るのですから)

姫ちゃんの結果にショックを隠せなかったようです。



姫ちゃんの姿こそ目には見えませんが

私たちの心の中で姫ちゃんは永遠に生き続けてくれると思います。

遠いお空から今も私たちを見守っていることでしょう☆



“Weine nicht, weil es vorbei ist,

lache, weil es schön war”

(どうか泣かないで、過ぎてしまったことだから…
どうか笑って、姫ちゃんと過ごした時間は素晴らしかったのだから)



私たちのもとで2歳から14歳まで過ごしてくれた姫ちゃんには

本当にたくさんの笑顔と幸せをもらいました。

今は感謝の言葉しかありません。




やっぱりネコはかわいい162.png

↓懐かしい姫ちゃんを
ぽちっとしていただけると、嬉しいです!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

いつもありがとうございます☆




動物・ペット部門に応募します♪



[PR]
Commented by manekinntetti at 2018-11-10 04:48
そうだよね、姫ちゃんはliebekatzenさん夫妻に
感謝をしているから、
ちゃんと家族のことを見守っていますよ^^

Commented by yoko371230 at 2018-11-10 06:50
姫ちゃん❤️とても可愛い🎵
これからもずっと可愛いままで皆の心に居てくれるでしょう
時々はこうしてお顔を見せてくださいね❤️
Commented by sandramarcouko at 2018-11-10 07:30
姫ちゃんの最期のこと、伝えてくれてありがとう。
もう半年なんだね。。
そして本当に頑張ってきたんだね。すごいなぁ。
私たちファンの心にはいつもいるよ頑張り屋さんの姫ちゃんが(=^ェ^=)

Commented by kazutanumi at 2018-11-10 08:08
命に期限があるとはいえ、お別れは辛いですよね。
姫ちゃんが逝って半年、、、。
まだまだ悲しみは癒えていないでしょうが、きっといつも見守ってくれていますよ。
おちょぼ口の姫ちゃん、ほんと美人さんだね~。
Commented by Room230 at 2018-11-10 14:08
こんにちは、Liebeさん♪

>この世にはお医者様でもどうにもできないことがあるのです。
ごもっとも!!
それは動物でも人間でも同じだもんね…
その後、虹の橋の姫ちゃんは、Liebeファミリーの行く末を見守ってくれているのでしょうね。

幼少期の頃の猫の寿命を考えたら、姫ちゃんの話を聞くと、なるほどと納得
昔の大半の猫たちはきっと腎不全だったのかもしれないですね。
当時は猫の食べ物にも知識がなかったので、
人間の残りのネギ入りの味噌汁の猫まんまをあげてましたから(苦)
お薬のおかげでもあり、食事を含む飼い主のケアもありで姫ちゃんは長生きしたのでしょうね。

今後、様々な治療法が確立して行けば、
さらに寿命も延びて長く一緒に居られるようになるのでしょうね。

なぜかわたしは今朝、フィルを洗っている夢を見ていた(笑)


Commented by luxannews at 2018-11-10 16:43
こうやってブロ友さん家の愛しい子の最後の記事などを拝見するだけで
悲しくなるのに
何年も共に暮らしたご家族の喪失感は
どれほど深く強いものか・・
猫はどうして皆腎臓を悪くして亡くなるのか?
早く良い治療法や予防法が見つかるといいですね
Commented by jumhi0207 at 2018-11-10 16:44
こんにちは。
PC画面の愛らしい姿に思わず姫ちゃん、って
なでてしまいました。
まっすぐなまなざし、
自分でも愛されてることがわかってるお顔ですね・・^^
これからも姫ちゃんはずっと、心のなかで生き続けてくれますね^^
Commented by ahana12 at 2018-11-10 17:05
こんにちは。
姫ちゃん、一つの腎臓で14歳まで頑張ったのですね。
凄いなぁ姫ちゃん☆
身体がしんどい時・辛い時、何度もあったでしようね。。。
それでも、liebekatzen さんご夫婦や大和君に見守られて
楽しく過ごしてたのですね。
何度見ても姫ちゃんはべっぴんさんで可愛い表情をしていますね。
久々にまた会う事ができて嬉しいです。
遠いお空から冬間近のliebekatzen 家を優しく見守っていてくれてる事でしょうね(^^)

Commented by kobacken at 2018-11-10 17:09
こんにちわ。
そんなことがあったんですね。
私も犬猫鳥など沢山の別れを経験してきましたが、どの子もみんな忘れがたい家族です。
本当に、ウチの子になってくれてありがとう!ですよね。
Commented by lovelymiena at 2018-11-10 17:20
今晩は(^^)
姫ちゃんもキジトラ柄のにゃんこちゃんだったんですね!
私は幼い頃から代々猫、犬と供に生活してきました。
猫はそれぞれ性格も全く異なって、色々と楽しませてもらったり癒してもらったりして本当に家族同然でした。
その分、必ず訪れる別れの時は何度経験してもとても辛く、今思い出しただけでも涙が溢れてきます(T^T)
別れの度にもう今後はもう絶対猫は飼わない!と心に決めていましたが、(両親も同じ意見)
実家の隣の団地に迷い猫がいて、その猫を保護した方が「他にお願いする所がないので…」と手の平にのるほどのちっちゃな仔猫を連れてきてしまい、他に飼ってくれる所がないんではと家族入りしたのがミーナなんです‼
来たばかりの頃は全く鳴かずに、もしかしてこの猫は声が出ないんではないか?と心配したんですが、数日後にはこれでもかっ!ていう位ニャーニャー元気に鳴き安心しました(^^)
そんなミーナも間もなく17歳になります!
両親も高齢なので、ミーナが最後の飼い猫になるでしょう。
姫ちゃんも大事に可愛がられて幸せな猫生でしたね(^^)
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 20:41
> manekinntettiさん

姫はもちろん歴代ネコたちもずっと私たちの心の中にいますよ♪
みんなそれぞれ思い出深いネコたちなので
一生忘れることはできません!!
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 20:43
> yoko371230さん

親バカ丸出しですが、何度見ても姫は本当に可愛いですよね~♪
我が家の永遠のアイドルです(笑)
機会を見ながら、ときどき姫を登場させるように
しますので、待っててくださいね☆
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 20:46
> sandramarcoukoさん

ここまで早かったような、やっとのような…
複雑な感覚だけど、いつかどなたかの役に立つかもしれないし
姫の死を無駄にしたくなかったので
敢えてブログに残すことにしたの☆
たまにでいいので、姫のこと思い出してあげてね♪
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 20:49
> kazutanumiさん

姫の場合は全く予想もしていなかった突然のお別れだったので
気持ちの整理をするのが難しかったです。
頭ではよく理解できるのですが、気持ちがそれに
追い付かない状態です。
今でも姫がいないのが不思議でなりません。
可愛い姫を忘れないでくださいね☆
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 20:58
> Room230さん

こんにちは!
願いが叶うなら、姫をもっと長生きさせてあげたかったけれど
こればかりは神のみぞ知ることですからね…
気持ちの整理をするにはそれなりの時間が掛かりますが
ゆっくり受け入れるしかありません。
姫と過ごした12年間は本当にかけがいのない時間でした☆

そうですね、昔なら医療もそれほど進んでいなかったから
今のように腎不全なんて誰も考えなかったでしょうね。
姫の場合は若いときに偶然病気に気付けたので、ラッキーだっと思います。
当時の獣医さんに感謝です!!

ネコちゃんに腎臓病は付き物だけど、今後少しでも早く
いい治療法が見つかることを期待していますよ。

残念ながら、私はほとんど夢を見ないので・・・(泣)
夢の中で姫にはまだ再会したことがありません。
フィルちゃんに会えるフィーユさんが羨ましいです♪

Commented by liebekatzen at 2018-11-10 21:01
> luxannewsさん

これほど医療が進んでいるにも関わらず、未だにネコちゃんと
腎臓病の関係を絶ついい治療法がないのは
ちょっと残念ですね。
でも、きっと近いうちにどなたかが見つけてくれると信じていますよ!!
いつも姫は身近にいると感じているので
私は大丈夫です☆
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 21:04
> jumhi0207さん

こんにちは!
姫をなでなでして頂き、どうもありがとうございます♪
お空の姫もとても喜んでいると思いますよ。
ちょっぴりクールで、おすましさんだった姫…
今頃は将軍と一緒に新入りのイチゴと弱虫さんだった大和の
様子を見て笑っているでしょうね~
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 21:10
> ahana12さん

こんにちは!
5歳のときに姫の腎臓病が発覚したとき
獣医さんは私たちを励ますように「この薬で2年生き延びている
ワンちゃんがいるので、期待できますよ」とおっしゃっていました。
それを考えると、14歳まで生き延びた姫は幸運の持ち主だ
と言えると思います☆
言葉を発して訴えてくることもないので、毎日の観察で
様子の変化に気付くしか方法がありませんからね…
姫と一緒に過ごした時間はかけがいのない大切なものです♪
また機会があれば、姫を登場させたいので、
どうぞよろしくお願いします!!
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 21:15
> kobackenさん

こんにちは!
今年の5月に突然姫が亡くなって…
2018年は私たちにとってとても慌しい一年でした。
そうそう、歴代ネコたちもみんな思い出深いので
どの子もみんな忘れられないです☆
みんなには感謝しかありません!!
Commented by omosally6047 at 2018-11-10 21:17
こんばんは^^
愛する家族とのお別れは本当につらいですよね。。。
僕もかつてサリーというビーグル(犬)と一緒に暮らしていましたが
2014年3月3日に14歳でお別れしてしまいました。
それから2年ほど、寂しい思いをしながらも、ペットは二度と飼わないと思っていましたが
時間が経つにつれて、寂しいという思いよりも一緒に暮らしていた頃の
温もりの方が強くなっていって、たまたまご縁があって迎えたレアと暮らし始めて
現在に至っております^^
こうして、時折姫ちゃんのことを思い出したり記録していくことはとても大切だと思います。
思い出すことで悲しい気持ちなんかが自然と浄化されていくような感じがして、
温もりだけが残っていく感じになっています。
僕も今でも毎日サリーのことは思い出しますし、リビングに飾っている写真を見たりして
微笑んだりしています^^
温かいお写真を見せて下さってありがとうございます^^
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 21:23
> lovelymienaさん

こんにちは!
はい、我が家は歴代ネコちゃんがみんなキジトラだったのです(笑)
私も子供時代はワンちゃんを飼っていました。
鳥さんもたくさんいましたよ~
ウサギも飼ったことがあるし…こうして振り返ると
いつも何かの動物と一緒に暮らしていたみたいです♪
同じ家で一緒に暮らしていれば、人間と形こそ違えど、家族同然だものね。
そして、私たちに大切なことをいろいろ教えてくれるものね。
ミーナちゃんはそんな経緯があったのですね☆
きっとご実家で今も大切に育ててもらって、幸せな時間を過ごしていると思うなぁ♪
ミーナちゃんには姫の分までいつまでも元気で長生きしてほしいです。
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 21:34
> omosally6047さん

こんにちは!
姫の最期は突然だったので、当時は現実を受け止められませんした。
でも、過去を振り返っても姫が生き返ることはないし
ゆっくり時間を掛けて気持ちの整理をするように心掛けました。
何度経験してもお別れは辛いものですね。
omoさんも同じように辛い経験をされて、レアちゃんとの今があるのですね☆
わかりますよ、気持ちが浄化される感覚って。
頻繁にとはいきませんが、余裕のあるときに楽しかった姫との思い出を
少しずつ綴っていくつもりなので、よければお付き合いよろしくお願いします。
こちらこそ温かいコメントを頂き、ありがとうございます♪

Commented by yuko* at 2018-11-10 22:01 x
こんにちは♪

何か涙が出ました。
姫ちゃんは絶対に幸せだったと思います。
大和くんにも出会えて、素敵な家族に出会って本当に良かったと思います。

私は短い間だったけど、少しでも元気な姫ちゃんと大和くんに会えて本当に良かったです。
だってとっても美猫ちゃんに出会えたから。

2人が姫ちゃんからもらったものは、たくさんあるけど、姫ちゃんが2人からたくさんの幸せと愛情をもらって、きっと天国からありがとうって言ってる気がします。

これからも姫ちゃんを忘れず、こうやって記事にしてくださいね。
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 22:17
> yuko*さん

こんにちは!
やっと姫の最期を書き終えることができたよ。
始めはもっと簡単にできると思っていたけど
いざやってみると、気持ちを落ち着かせるのに
時間が掛かって…
今頃は姫もこれでいいにゃ♪と言ってくれてるかな?(笑)

もっと早くにブログを始めていれば、いろいろ思い出を残してあげる
ことができたんだよね。
過去を振り返っても仕方がないから、これからはイチゴと大和を
しっかり見守っていこうと思ってる☆
姫もそうだけど、歴代ネコのちびと将軍にも
たくさん幸せをもらったから、みんなには感謝しかないんだ。

機会を見ながら、時々姫のことを書いていくつもりなので
また楽しみにしていてね!!
Commented by tokidokitasu at 2018-11-10 22:51
姫ちゃんの最期を話してくださってありがとうございます。
姫ちゃん、長い間病気と闘って、
本当にがんばったのだと思います。
それも、お母さん、お父さんの支えがあってこそです。
今もずっと姫ちゃんはみんなを見守ってくれてますよね・・・
また、カワイイ姿を見せてください
姫ちゃんのおちょぼ口、本当にカワイイ・・・
Commented by liebekatzen at 2018-11-10 22:55
> tokidokitasuさん

こうして書くことによって、気持ちの整理にもなるし
姫の供養のひとつにもなるかなと思っています☆
早期発見できたお陰で、姫はここまで長生きできたのでしょうね。
お薬が体に合ったというのも大きかったと思います。
それでも完治はできなかったので
今度の医療の進歩に期待したいです。
姫が恋しくなったら、また書くつもりなので
どうぞ気長にお待ちくださいね~♪
Commented by tkytora at 2018-11-12 12:42
どのお写真も真っ直ぐにこっちを見ていますね
可愛いわ~❤
姫ちゃんに私まで見られているかのような気になります^ ^

ありがとう 幸せだった 後悔はない
これは私の理想です
いつかは訪れる最期の時にそう思えるように日々過ごしていきたいです

Commented by liebekatzen at 2018-11-12 21:25
> tkytoraさん

姫とのお別れはあまりにも突然だったので
気持ちの整理がとても難しかったですが
いつまでもめそめそしていたら、姫が可哀想ですからね。
一緒に過ごした時間を大切にしながら
いつまでも忘れないでいようと心掛けています☆

本当に可愛かった姫を時々でいいので
思い出してあげてくださいね。
Commented by latte-09 at 2018-11-15 17:27
見上げている姫ちゃんの顔がとっても可愛くて。
おかあさんが大好き!って顔しているね。
悲しいお別れから半年経ったんだね。
家族皆が、元気で暮らしていて姫ちゃんも安心しているだろうね。
いつも遅くなってからコメント入れちゃってごめんね〜〜。
姫ちゃん見たら、ついつい・・・
Commented by liebekatzen at 2018-11-15 21:57
> latte-09さん

あれから半年が過ぎてしまったね…
当初は悲しすぎて自分の感情をどう表現すればいいのか
全然わからなかったよ。
でも、時間の経過と共にゆっくり気持ちも落ち着いてきて
今は姿は見えないけれど、いつもそばに姫がいると思っているので
大丈夫☆
コメントは気にしないで。
その気になったらで、いいよ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by liebekatzen | 2018-11-10 02:22 | Katzen | Comments(30)

その日、その瞬間、目に留まったものを♪スイスだったり、日本だったり。コメントはいつでも大歓迎!リンクフリーです。


by liebekatzen