スイスの世界遺産「ラヴォー地区のぶどう畑」へ sanpo

またまた主人の有給休暇を消化するために、自宅から往復7時間かけて

スイスの世界遺産のひとつ、フランス語圏のラヴォー地区へ行ってきました♪

チューリッヒから特急電車に乗って、まずはローザンヌを目指します。

ローザンヌ駅手前にトンネルがあって、そのトンネルを抜けると

c0341757_22431381.jpg
電車からの撮影のため、不鮮明です(泣)。

そこは世界遺産ラヴォー地区のぶどう畑が広がっています。

レマン湖沿いの丘陵地帯は一面ぶどうの木々です。

c0341757_22440206.jpg

ぶどう畑の周りの建物はほとんどがワイナリー農家ですよ。

この地区のワイン(特に白ワイン)がとってもおいしい理由を

ドイツ語では“三つの太陽”と言います。

ひとつは空から照りつける太陽。

次はレマン湖に反射して、ぶどう畑に届く太陽。

最後は段々畑の間にある石壁が日光を吸収して、ぶどう畑に届く太陽

(これのお陰で、夜間もぶどう畑は暖かく、味わい深いぶどうになるんです)。

何度見ても、本当に美しい景色です。

今回は電車で通り過ぎましたが、ぶどう畑を散歩しながら

ワインを試飲したりもできるので、興味のある方はぜひ!

c0341757_22445447.jpg
駅のホームからレマン湖を望む

これはローザンヌ駅で電車待ちをしているときに1枚だけカシャッと。

さて、私たちの目的は…次回へ。



↓ぽちっとしていただけると、うれしいです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by liebekatzen | 2015-09-13 01:34 | Ausflug | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ネコの集中トレーニング シンクロするネコたち >>